ワクワクメールで実際に付き合うことになりました

コンパや紹介がなくなり少し焦っていたところワクワクメールのアプリを知り、初めてでしたが出会いを求め登録しました。
私は会社員で40代独身未婚だったためかなり躊躇はしましたがバツイチ38歳の男性と出会いました。


変則勤務のため連絡の取れる時間帯は限られますが、1ヶ月くらいやり取りをしたあと実際に会うことになりました。
初めて会ったのはお互いが気になっているラーメン屋さんで、ラーメンを食べながら軽く会話をしました。

そこまでノリノリではなく控えめな方だったのでラーメン食べて解散かなと思いましたが、桜の時期だったためドライブがてらお花見に行きました。
1時間程のドライブでしたが自分の事を少し話してくれたり次はあれが食べたいなんて次もあるのかなって予感のする会話が続き、デートしている最中に次の予定を提案されました。

解散したあと暫くして連絡が来て次会う日を調整する内容でした。
頻繁ではありませんがドライブや食事などコンスタントに約束するようになり、たまに会うのが当たり前になり満更ではなかったため少し彼を意識するようになりました。

連絡を取るようになり2ヶ月経った頃にはお互いに休みが合う日は一緒に過ごすようになり、次はどこに行こう、あれ食べたいなど付き合っているかのような関係にはなりましたが、いっこうに告白される様子もなく健全な遊びを楽しんでいました。

そんなある日なんかいつもと様子が違うし元気がないなと思っていたら、いきなり自分がバツイチで別居の子供がいる。
別れて数年経つけど関係は複雑だ揉めている最中。

だけど私と前向きに付き合って行きたい、付き合って下さいと告白されました。
事情があり別れてはいるものの子供たちにとっては父親で、この先色々あるかもしれないと思いましたが人柄が好きだったためお付き合いすることにしました。
お付き合いぐ始まって2ヶ月は楽しい日々を送れましたし、いずれは結婚しようと話もしていました。

若くない2人だけれども趣味も合いますし違和感がないため、何れは結婚するのかなー時間がかかってもと思っていました。

彼は真面目な性格だったため遊ぶ約束をした時は必ず事前に時間やプランの確認をし、抜かりないように対応してくれていました。
ですがある日遊ぶ前日になっても連絡がこないため確認の連絡をしたら、体調崩していてキャンセルしたいと言われました。

もちろん無理強いはせず治ったらまた遊ぼうで話は終わりましたが、なんてそれ以来音信普通になりました。

何があったかは未だにわかりませんが、人生初の衝撃を体験しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です